クラウドバンクとは | クラウドバンクで資産運用について考えてみた 評判から運用実績まで

クラウドバンクで資産運用について考えてみた 評判から運用実績まで
Home » クラウドバンクについて » クラウドバンクとは
クラウドバンクについて | 08月24日更新

クラウドバンクとは

クラウドバンクを使うと資産運用などもできるのですが、これは比較的新しいサービスですから、これが一体どういうサービスなのかよくわからない方もおられるでしょう。
クラウドバンクとはインターネットで簡単に投資ができるサービスになります。
インターネット上にこのサイトがありますから、利用者はこのサイトに利用登録をした上で、このサイトを通して投資を行います。
クラウドバンクの実店舗などがあるわけではありません。
基本的にオンライン上のサービスになりますから、そのつもりで利用してください。

なにかに投資するとは、リターンを約束の上でお金が必要な人や事業にお金を投じたり、値上がりしそうな商品を早いうちに買っておいたりすることですよね。
クラウドバンクではどのような投資ができるのかというと、前者です。
リターンと引き換えにお金を必要としている人や事業に対して、一時的に自分のお金を提供します。
もちろんこれは無償ではありませんし、期間限定です。
お金を貸した見返りに利息をもらえますし、期間が過ぎたら投じたお金を丸ごと返してもらえます。
投資というよりは貸付といった方がわかりやすいかもしれません。

これをやると余っているお金を使って資産を増やせますよね。
貸している間、これといってやることもないため、不労所得が手に入る形になります。
クラウドバンクとはこのようなことが一般個人でもできるサービスになるのです。

その仕組みですが、お金を借りたい事業者がクラウドバンクを通して募集を出すのです。
具体的にどこの事業者がこの案件を出しているのかは伏せられています。
そのような具体的な情報はないのですが、何の事業をやる案件で、どのような運用計画を予定しているのかは、サイトの詳細ページで説明されます。
これら情報を判断材料にして投資の判断をするのです。
いい案件だと思ったらそのままサイト上で投資できますし、少し不安だと思えば投資を見送ってもOKです。
このような判断はユーザーの自由となっています。

また、クラウドバンクでは少額投資限定でもOKとなっています。
投資といえば最低でも数十万円といったお金が必要なケースも多いですが、クラウドバンクはその限りではありません。
数万円だけの投資も可能です。

クラウドバンクとはこのように気軽に使えるオンライン上の投資系サービスで、類似サービスの中でも運営期間が長い方です。
すでに多くの投資案件が運用されており、貸し倒れなど起こさずに運用を終えた実績も多くあります。
クラウドバンクとはこのようなサービスです。

top