クラウドバンクで元本割れはある? | クラウドバンクで資産運用について考えてみた 評判から運用実績まで

クラウドバンクで資産運用について考えてみた 評判から運用実績まで
Home » クラウドバンクについて » クラウドバンクで元本割れはある?
クラウドバンクについて | 08月24日更新

クラウドバンクで元本割れはある?

クラウドバンクなどのサービスを使って投資するときにはリスクがあるとはよく言われることですよね。
そのリスクとは多くの場合で元本割れのことですが、これはクラウドバンクでもありえます。
クラウドバンクの仕組みですが、このサイト上で募集されたお金はどこかの事業者へと貸付されています。
そのお金の使い道は基本的に事業です。
事業者は投資家からお金を借りて事業を行い、それで得たお金で配当や元本の支払いを行うのです。

このような仕組みになっていますから、きちんとすべての支払いが行われるかどうかはその事業の成否にかかっています。
事業がうまくいって収入が入れば、そこから返済が行われますから元本割れなども起きないのです。
しかし事業がうまくいくかどうかは、やってみなければわかりませんよね。
やってみたところ失敗に終わる事業も珍しくはありません。
もしそうなった場合はどうなるのでしょうか?
このときは返済を行う事業者に収入が入らないため、返済ができなくなることもあるのです。

このようなときに備えてクラウドバンクでは担保や保証がついていることもあります。
これはその事業者が返済できなくなったときに活用されるもので、担保があるときはそれを売却してお金にし、投資家への返済に充てます。
保証の場合は債務者となる事業者以外にも返済責任者が設定されているため、返済が滞ったときはその保証人も一緒に返済を行うのです。

このように担保や保証は元本割れが起きないような保険の役割を果たします。
クラウドバンクではこれが設定されている案件もあるため、元本割れは起きにくくはなっています。
ただし、絶対に起きないわけではありません。
担保の場合はそれをお金に換えたとき、債務をすべて賄えるだけの金額になるか、保証はないためです。
返済責任者がほかにいる場合も同じです。
その方の支払い能力が債務をすべて賄えるだけのものとは保証がないため、これがあれば絶対に返済が行われ、元本割れがおきないとは決まっていません。

このようになっていますから、クラウドバンクでは元本割れが起きる可能性はあります。
なお、今までのところでこのような元本割れが起きたことはありません。
これは投資家にとって好ましくないことですから、サービス側でも極力このようなことが起きないように配慮してくれています。
担保や保証がついている案件があるのもそれが理由です。
そのおかげで実際には元本割れはあまり起きてはいないのですが、仕組みとしては起きる可能性があることはよく確認しておきましょう。

top