クラウドバンクの注意点とは | クラウドバンクで資産運用について考えてみた 評判から運用実績まで

クラウドバンクで資産運用について考えてみた 評判から運用実績まで
Home » クラウドバンクについて » クラウドバンクの注意点とは
クラウドバンクについて | 08月24日更新

クラウドバンクの注意点とは

投資をするときには注意が必要なのが基本です。
クラウドバンクを利用するときでも知っておきたい注意点をいくつかご紹介しましょう。

まず一番知っておきたい注意点は、クラウドバンクには元本保証がないことです。
配当はともかくもともと自分のお金だった金額についても、必ず返還を保証されているわけではありません。
これはすべての投資の基本ですが、クラウドバンクでも共通です。
銀行預金よりもずっと利率がいいからと、余っているお金をすべて投資に回すといった利用はあまりおすすめではありません。
元本保証がないことは必ず確認しておいてください。

次の注意点ですが、クラウドバンクの利用には審査があります。
審査といえば銀行でお金を借りるときに必ず行われるものですよね。
クラウドバンクはこのサービスからお金を借りるといったサービスではないのですが、利用時には審査が行われます。
この審査に受かることが利用の大前提です。

どのような審査が行われるのか、その基準や内容は公開されていないためわからないのですが、この審査に受からないと利用はできません。
安定収入があり、蓄えもある方が審査に落ちることは少ないものの、収入が不安定だったり、蓄えが極端に少なかったりする方など、審査に落ちる可能性があります。
審査は基本的にそのサービスの利用に適しているかを調べるものですから、クラウドバンクの場合は投資に適している方かを調べる形になります。
そこまで厳格な審査になるわけではありませんが、このような審査があることは注意点として知っておきましょう。

このほか、利用登録ができたとしても、都合のいいときにすぐ投資できるかはわかりません。
これも知っておきたい注意点です。
クラウドバンクでの投資は、利用登録を終えたあと、案件一覧の中で投資募集中の案件に対してできます。
この案件はいつもあるわけではありません。
たくさん案件があるときもありますし、あまり案件が見つからないときもあります。
これら案件は実際に投資を必要としている事業者等がいないと出ませんから、どうしてもタイミングはあります。
いつも必ず投資案件が見つかるわけではありません。

また、仮に案件があったとしても、タイミングによってはすでに多くの投資が集まったあととなり、投資できる残りの金額があまり多くないこともあります。
このときもその残金額の中で投資金額を決める形となります。
いい案件に希望金額を満額で投資するには、地道にサイトをチェックしていい案件を早く見つけるのが基本です。
クラウドバンクを利用する上ではこのような注意点に気をつけてください。

top