クラウドバンクで資産運用したい | クラウドバンクで資産運用について考えてみた 評判から運用実績まで

クラウドバンクで資産運用について考えてみた 評判から運用実績まで
Home » クラウドバンクについて » クラウドバンクで資産運用したい
クラウドバンクについて | 08月24日更新

クラウドバンクで資産運用したい

実際にクラウドバンクで資産運用したいときの使い方ですが、特別な準備物等は特に必要ありませんし、必要な経験等もありません。
クラウドバンクで利用登録ができれば簡単に資産運用にチャレンジできるため、まずは利用登録から始めるといいでしょう。
利用登録はクラウドバンクのサイトからできます。
こちらで口座開設の手続きをしてください。
これがクラウドバンクでの利用登録の手続きになります。

やることは画面の案内にしたがって登録手続きを進めるだけです。
このときにメールアドレスが必要になります。
すでに持っている方も多いでしょうが、もし持っていなければアドレスを何か用意してください。
特定のドメインメールは必要ありません。
大手の検索エンジンが提供している無料のWEBメールでもOKです。

そのアドレスも使いつつ、必要事項を入力していきます。
このときには自分の実名や現住所、生年月日、年齢、性別といった基本情報のほか、住居の情報や職業、年収といった借入時に聞かれるような内容も申告が必要です。
これらをすべて入力の上で送信してください。

するとクラウドバンクの利用に必要な規約や同意書がリンクで表示されますから、それらをすべて確認して承諾できるかどうか判断します。
この規約は必ず目を通すようにしてください。
これらが終わったら必要書類の提示があります。
運転免許証・パスポートといった基本的な身分証明書のほか、個人番号の提示のための資料、登録する銀行口座に関する資料も必要です。

このような口座開設の手続きがすべて終わればクラウドバンクの利用ができるため、資産運用にチャレンジできます。
このときに運用できる資産の金額は大口でなくてもOKです。
投資、資産運用というと大口での利用が基本になっていますが、クラウドバンクの場合は小口から受付しています。
1〜10万円といった金額で資産運用してもいいですし、お金が余っているなら50〜100万円といった単位で運用しても構いません。
どれだけの金額を運用するかは利用者の都合で決められるサービスですから、これは自由に決めてください。

なお、あまり資産運用に慣れていない方や、自分が所有している資産があまり多くない方は、いきなり大口の投資をするのはあまりおすすめではありません。
もちろんやろうと思えばできますが、慣れていないうちはなるべく小口の投資から始めることをおすすめします。
いくら投資できるかは、クラウドバンクで開設した口座に入金した金額によります。
この金額を少額に留めておけば、投資しすぎることもありません。
初めて資産運用する方はこのようなことにも気をつけつつ、投資してみるといいでしょう。

top